新着記事

2008年07月02日

名古屋で講演。

nagoya3.JPG

この度、環境月間の行事の一環として大同特殊鋼鰍フ知多工場に招かれ、飛行機「人と地球の付き合い方〜その縮図をクッチャロ湖から〜」と題し、環境講演をしてきました。汗・・・(^^ゞ
約1時間20分にわたり、浜頓別町とクッチャロ湖の素晴らしさ、そして当エコワーカーズの活動実績とこれからの取り組みを紹介することができ、とても有意義なプレゼンテーションでした。
kouen 3.JPG

また、想像を遙かに超えていた規模(工場従事者約2700名)の知多工場は敷地内に緑がとても多く、工場内外にごみ一つ落ちていないことに驚かされ、そして工場内の見学では、鉄スクラップや合金等の溶解・精錬・鋳造・そして加熱を繰返し製品化していく様は、まるでドラマの「華麗なる一族」の世界を見ているようでとても感動しました。まるでテーマパークのよう!とNさんは喜んでいましたが・・・わかるような気がします。わーい(嬉しい顔)
そして排熱の再利用や副産物を社内リサイクルし、路盤材などとして有効活用するなど、環境に最大限に配慮していることも窺い知ることができました。
shokuju 3.JPG

最後に工場敷地内のビオトープ隣接地に記念の植樹をしてきましたが、いつか又来名し大きくなった木を見てみたいものです。

お世話になった皆さん、本当にありがとうございました。
仕事の後のビールはなまらうまかった〜exclamation×2
posted by エコワーカーズ at 15:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Mさん、環境講演会お疲れ様でした。自然が大好きでクッチャロ湖のエキスパートならではの内容でした(^_^)v。
私も同行して初めて名古屋市内と知多工場を見学させていただき、大同特殊鋼鰍フ皆様にとても親切にして頂きました、お世話になりましたm(__)m。
今度はクッチャロ湖でお会いしましょう!!お待ちしていますヽ(^o^)丿。
Posted by Nです at 2008年07月03日 11:16
 オバマ大統領はしきりに日本の環境技術についていっていましたね。グリーンニューディール政策、期待したいところです。
 さて、アメリカの友人によるとオバマ陣営の政策スタッフは日本自動車メーカーに対しビッグ3がジリ貧なわけをNASAとか使って調査していたらしいです。
 そうすると、日本の自動車の軽量化技術には日立金属のグリーンスチールがポイントだと指摘していたとのことです。これは商品名ではなく業界人しか知らない名前です。たぶん大同さんなら分かるでしょう。
Posted by magee at 2009年01月23日 21:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。