新着記事

2007年12月22日

ペットボトルを利用した野鳥の餌台の作り方

先週のブログのコメントにお応えして、簡単にできるペットボトルを利用した小型野鳥の餌台の作り方をアップしますね
2007_1221たなか0009.JPG2007_1221たなか0003.JPG
用意するものは、ペットボトル・割り箸・荷造りひも・底に入れる厚紙で、穴を開けたり、切ったりする道具としてカッター・ハサミ・釘・ペンチなど
2007_1221たなか0006-1.JPG最初にペットボトルの肩の所を一辺だけのこして切ります(餌を入れるフタにします)次にボトルに穴を開けていきます(私はガスコンロ等でクギを熱して次々に穴を開けていきます)穴は底に水抜き穴を4ヶ所、止まり木の割り箸を差し込む穴を4ヶ所、裏のヒモを固定する穴4ヶ所、餌をついばむ穴数箇所程度です(餌の穴はハサミやカッターなども使いながらヒマワリの種などより一回り大き目に明けます)。穴あけが終わったら、止まり木の割り箸を挿し込み、ボトルの底の形にきった厚紙を止まり木の上にひき、背に固定用のヒモを取り付け、ヒマワリの種などの餌をいれて完成です2007_1221たなか0011.JPG   2007_1221たなか0014.JPG
妻の命令で餌のやりやすい窓際に設置したのですが・・・はたして野鳥はきてくれるでしょうか?


posted by エコワーカーズ at 10:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 野鳥を見る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早速のUPありがとうございます!
嬉しい〜〜〜!
私もやってみよう!!!!!!!
Posted by まゆら at 2007年12月22日 16:37
マンガ『とりぱん』のような生活ですね。あこがれます。

試してみたいけど、マンションでやったら下の階の人に怒られそう・・・。定年後は自然に囲まれた暮らしをしたいものです。
Posted by あるサポーター at 2007年12月25日 12:30
コメントありがとうございます
家に近すぎたのか?最初はあまりこなかったのですが
ちょっと離し(窓からようやく手が届くくらい)たら
ゴジュウカラやスズメは餌をついばみにきて、2リットルのペットボトルが一週間で空っぽです。下に落ちる量もかなりなので、下に受け板を付けるように思索中です。
Posted by 管理人 at 2007年12月29日 17:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。