新着記事

2008年01月25日

千葉県から目撃情報!!

ハイッ!

きました。
きましたよ〜。

コハクチョウ写真コンテスト、
応募作品、第一号。

北海道から、はるか南、
千葉県は、本埜村(もとのむら)での目撃情報です。

投稿者NO,@神奈川県在住の、ベッキーさんからの、投稿です。

080122a_130.JPG
飛び立つ瞬間のダイナミックな一枚!

080122a_134.JPG
仲間で鳴き交わしていますね〜。
真ん中のコハクチョウ、カメラ目線です。


080122a_243.JPG
千葉の空を舞うコハクチョウ。
クッチャロ湖を通過した群れでしょうか・・・?


以下は、
ベッキーさんからの写真に添えられていたメッセージです。


関東でコハクチョウを見るには、
千葉県印旛郡本埜村(もとのむら)が、
東京から一番近いそうですヨ。

その日(1/22)は約50羽が飛来していたそうで、
よく見ると「オオハクチョウ」も混じってます。

本埜村では、村をあげて運動に取り組んでいるそうで、
何でも15年前、たまたま飛来した白鳥6羽に餌を与えたと
ころ、
毎年飛来するようになったみたいデス。

それが昨年は1,000羽以上も飛来したそうなので、
スゴイ熱心なのですネ。

さながら冬の風物詩といったとこでしょうか。。。



ベッキーさん、ありがとうございます!
皆さん、どうですか?

白銀の世界や、
ブルーの水面に浮かぶ
クッチャロ湖のコハクチョウに見慣れたぼくの目には
枯葉色の休耕田にたたずむコハクチョウが
すごく新鮮に写ります。

凍ったクッチャロ湖と違って、
ここはフカフカの田んぼ。
牧歌的で、スローな空気を感じますね〜。

さて、コハクチョウの写真、まだまだ募集中ですよ〜!
皆様、ふるってご応募ください!!



posted by エコワーカーズ at 00:43| Comment(2) | TrackBack(0) | コハクチョウ写真コンテスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに水辺以外のコハクチョウは新鮮♪

コハクチョウの優雅さだけでなく
生き物としての生活感も感じられて
なんだか頑張れ!と応援したくなるいい写真ですね。


Posted by もも at 2008年01月31日 13:26
確かに水辺以外のコハクチョウは新鮮♪

コハクチョウの優雅さだけでなく
生き物としての生活感も感じられて
なんだか頑張れ!と応援したくなるいい写真ですね。
Posted by もも at 2008年01月31日 13:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。